Googleサーチコンソール SEO対策

【初心者向け】Googleサーチコンソール(Search Console)の登録・設定方法

投稿日:

本日ご紹介するのは、Google Search Console(サーチコンソール)ってツールです。

本格的にSEOに取り組む上では、必須ツールなんですが、Googleアナリティクスに比べると、Google Search Consoleは、ちょっと玄人向けの印象があって、使っていない人も多数…

ただ、サーチコンソールでしかできないことや、見れないデータが盛り沢山

本気で、サイト運営、SEOでの上位表示を狙うなら、必ず入れておきましょう!

このページでは、サーチコンソールが初めての方に向けて、登録方法、初期設定方法をご案内していきたいと思います!

Googleさん

サーチコンソールは、昔はウェブマスターツールって呼ばれてたんだ。

最近、巷じゃ、略して サチコとも呼ばれますね。

サーチコンソールとは

Google Search Console(サーチコンソール)は、あなたのホームページが、Googleにどのように認識されているか、また、Googleの検索結果で、どのように表示されているかなど、あなたのホームページのパフォーマンスを確認することができるツールです。

Googleアナリティクス同様に、Googleが開発・提供を行っており、こちらも 無料で使えます。

WEBコンサルとか、SEOコンサルとか言う方々も、サーチコンソールで、SEOの状況や、サイトの改善ポイントを発見したりしてるんだ。

コンサルと名の付く人で、サーチコンソール使ってない人はいないはずだぜ💦

サーチコンソールでできること

では、そんなサーチコンソールですが、一体、どんなことがデキるツールなのか?

アナリティクス同様、とっても多くのことができるので、ポイントだけ、かい摘まんでお伝えしたいと思います✨

サチコは、こんなことができる!

  • サイトの検索トラフィックや、掲載順位を測定できる。
  • どのような検索キーワードで、アクセスされているのか確認できる。
  • 検索結果で、どのくらい表示され、どのくらいクリックされたのか分析できる。
  • サイトマップを送信できる。(Googleに、サイト内各ページのURLを教える。)
  • あなたのサイトが、どのくらいインデックスされているか分かる。
  • サイト上で問題が見つかった時、メールでお知らせしてくれる。
  • タイトル・ディスクリプションなどの、改善点を発見できる。
  • ページのクロール、インデックス登録、検索結果に関する詳細情報が確認できる。
Googleさん

サーチコンソールは、Googleが、どのようにあなたのホームページを見てるのかをレポートしてくれるツールなんだ。

改善箇所、問題点を把握できれば、改善ポイントが分るってことだね。もちろん、改善されれば、より高く評価され、検索順位だって上がる可能性が高いんだ🎶

Googleアナリティクスとサーチコンソールの違い

サーチコンソールのできることを見ても、難しい単語が出てきて、なんなのか分からないわ💦

アナリティクスと何が違うの?

そうですよね💦 ちょっと、混同しやすいので、しっかりとご説明したいと思います。

Googleアナリティクスは、Googleアナリティクスでできることでお伝えした通り、自分のサイトに来てくれた読者さんが、どんな行動をしているのかを見るツールです。

具体的に言えば、どのくらい多くの読者さんに診て貰えているのか、どんなページが多く見られているのか、読者さんは、どこから見に来てくれたのかなどですね✨

つまり、アナリティクスで提供されるデータは、サイトに訪れた人にフォーカスしています。

言い換えると、サイトに訪問してもらったのデータが中心ってことです。

対して、サーチコンソールはと言うと…

サイトに訪れた人ではなくて、あなたのホームページ自体にフォーカスしています。

例えると、人間ドックみたいなモノで、あなたのホームページの健康状況や、体力測定をしてくれてるイメージです(笑)

あなたのホームページが、ちゃんとGoogleに認識して貰えているか? どのくらい多くのページが、Googleの検索結果に出てくるのか?どんなキーワードで検索された時に、あなたのホームページが表示されているのか? と言った具合です🎶

アナリティクスと大きな違いは、サーチコンソールで提供されるデータは、サイトに訪問してもらうのパフォーマンスであるということです。

人間ドックを受けると、どこが弱くて、どんな改善しなきゃいけないか分かるだろ?
例えば、血糖値が高いから、野菜をしっかりとりましょうとか…

サーチコンソールも同じだね。

こんなキーワードで検索された時に、検索結果に表示されているけど、全然クリックされてないよ!とかが分るってこと。

こういったデータを見て、改善を図っていくんだ。

サーチコンソールの登録方法

それでは、さっそく、Googleサーチコンソールに登録していきましょう!

サーチコンソールは、登録にあたって、ちょっと、ややこしい単語がいっぱい出てきますが、手順通り進めて貰えれば大丈夫です💦

step
1
Googleサーチコンソールにアクセス

Google サーチコンソールにアクセスして、今すぐ開始ボタンをクリックしましょう。

step
2
Googleアカウントでログインしましょう。

Googleアカウントでログインしてください。

基本的に、Googleタグマネージャーや、Googleアナリティクス を登録した、Googleアカウントでログインしましょう。

step
3
URLプレフィックスに、あなたのサイトのURLを登録

Googleサーチコンソールにログインすると、上記の画面が表示されます。

ドメインと、URLプレフィックスの 2つの登録方法が用意されていますが、ドメインの方は、登録方法が難しいので、URLプレフィックスの方で登録を進めましょう。

あなたのホームページの URLを、http:// または、https:// から、間違えないように入力し、続行ボタンを押してください。

step
4
所有権の確認を行います。


所有権の確認ってのは、言葉のとおり、登録しようとするWEBサイトが、あなたのモノかを確認する事なんだ。

Search Consoleは、サイトのパフォーマンス(SEO)に大きく影響を与える操作がデキちゃうから、ちゃんとオーナーであるかをチェックするんだぜ。

ちなみに、サイト所有権の確認方法は、いろいろあるんだけど、ここでは、HTMLタグによる所有権確認で進めます。

サイト所有権の確認は、今回 HTMLタグで行います。
HTMLタグをクリックすると、上図の通り、赤枠の中にサーチコンソール用のHTMLタグが記載されていますので、間違いないようにコピーしましょう。
確認ボタンを押すのは、あんたのホームページに、このコードを設置完了してからとなります。

どのホームページ作成ソフトで作成をしてるかによって、タグの設置方法は異なりますので、ご注意ください。以下、SIRIUS、AFFINGER5でのタグの設置方法を参考例としてご紹介します。

SIRIUSでサーチコンソールのタグ設置方法

SIRIUS でのサーチコンソールタグ設置方法①
SIRIUS でのサーチコンソールタグ設置方法①

SIRIUS管理画面 上部 サイト全体設定ボタンをクリック。
サイト全体設定画面(小ウィンドウ)が表示されるので、右下の サイトマップ認証用METAタグに、サーチコンソールから取得してきたタグをペーストしましょう。

AFFINGER(WING)でサーチコンソールのタグ設置方法

AFFINGER5 でのサーチコンソールタグ設置方法①

AFFINGER5でのGoogleサーチコンソール設定は、左サイドメニュー 「AFFINGER5管理」➡ 「Google連携/広告」➡ 「サーチコンソールHTMLタグ」の欄に入力します。

一点、注意事項として、タグを丸ごと記載するのではなく、content="ここの数字のみを記載"と指定がある通り、数字のみを入力します。

SIRIUS、AFFINGER5で、Googleサーチコンソールの認証タグを正しく設定できたら、STEP 4の、Googleサーチコンソールの所有権確認画面に戻り、HTMLタグのところにある 確認ボタンを押すと… Google側で認証が行われ、正しく認識できたら上画像のように、「所有権を確認しました」と表示されます。

注意点としては、SIRIUSですが、登録しただけで、レンタルサーバーにアップロードしていないと、認証が正しく行われませんのでご注意ください。SIRIUSの場合は、必ずデータのアップロードが必要になります。

これだけはしておきたい!サーチコンソールの初期設定

やっと、登録完了かぁ…💦って思った人も多いでしょうが、まだちょっとやることがあります。

ちょうど、この記事を書いているタイミングで、サーチコンソールの管理画面が新しくリニューアルされたので、ちょっと複雑に見えるかもしれませんが、手順通り追って行けば大丈夫。

あと、ひと踏ん張りですから、頑張っていきましょう🎶

すべてのバージョンのURLを登録

まず、最初にやらなくてはいけないのが、全てのバージョンの URLをサーチコンソールに登録することです。

以前に、URLの正規化のお話で、wwwありと、wwwなしでは別のページと認識されるとご説明しましたが覚えて頂いていますか?

Googleさん

たとえば、このセルフサービスホームページの URLは、以下の 4通りのパターンがあるんだ。

さっきの登録手順で、登録したのは、https で、wwwなしのURLでしたが、それ以外の URLも登録しないといけないのです。

当サイトのURLパターン

  1. https://selfservice-homepage.com
  2. https://www.selfservice-homepage.com
  3. http://selfservice-homepage.com
  4. http://www.selfservice-homepage.com
URLの正規化についてご説明した通り、上記 4つのURLは、いずれも同じサイトを表示するんだけど、URLがちょっとでも変わると、Googleさんは、全く異なるページだと認識しちゃうんだ💦

この全てのバージョンを、サーチコンソールに登録することで、どのパターンを優先して使うのかを、Googleさんに伝えることがデキるんだぜ。

これって結構重要で、それぞれ別モノと捉えられてしまうと、Googleさんからの評価が分散しちゃうんだ💦 だから、ぜんぶ1つのサイトですよーって伝えてあげる必要があるんだよね🎶

step
1
プロパティを追加を選択する

サーチコンソールの管理画面左上のプロパティを検索をクリックすると、上図のように、+プロパティを追加が選択できるようになります。

プロパティというのは、平たく言うと、webサイトのことです。つまり、サーチコンソールに登録する webサイトを追加するということですね。

step
2
URLプレフィックスに、別のバージョンのURLを登録

さっきと同じく、プロパティタイプの選択画面が表示されますので、URLプレフィックスの方に、まだ登録していないURLのパターンを入力します。

当サイトの場合を例とすれば、先ほど の https://selfservice-homepage.com を入力しましたので、今度は wwwありバージョンを入力し、先ほどと同じように、登録を進めていきます。

なんで同じ作業を何回もやんなきゃいけねーんだよ…って思うかもしれませんが、全URLパターンをちゃんと登録しましょう。

ちなみに、サーチコンソールのタグは、既に設置しているもので大丈夫(所有権確認のところで表示されるHTMLタグは、さっきと同じです。)ですので、そのまま確認ボタンを押しちゃいましょう🎶

全部のパターンの所有権確認が完了したら、この作業は終了ですよ。

優先するドメインの設定

さぁ、全部のURLパターンを登録し終えたら、今度は、どのパターンのURLを正規のURLとするのか、設定しましょう。

ちなみに、この優先するドメインの設定は、全バージョン(wwwありと、www無し)を登録しないと設定できないので、ご注意を✨

ちなみに、当サイト、セルフサービスホームページが優先するのは、httpsで、www無しのバージョンです。

当サイトのURLパターン

  1. これを優先https://selfservice-homepage.com
  2. https://www.selfservice-homepage.com
  3. http://selfservice-homepage.com
  4. http://www.selfservice-homepage.com
Googleさん

これをちゃんと設定して貰えると、僕は、上の 4つのURLが同一のページであると理解できるんだ。

そして、① ~ ④まで、別々に評価していたけど、優先する ①に、評価をまとめるよ🎶

step
1
以前のバージョンに戻しましょう。

新しくリニューアルされたの管理画面だと、使用するドメインの設定項目が見当たらなかったんだ💦

リニューアル前のサーチコンソールの画面に切り替えて、設定を進める方法をお伝えします。

Google Search console 登録・設定方法手順 9: 以前のバージョンに戻すをクリック

左サイドメニューの一番下にある、「以前のバージョンに戻す」をクリックしましょう。

step
2
サイトの設定をクリック

Google Search console 登録・設定方法手順 10: 歯車マークをクリックし、サイトの設定をクリック

リニューアル前の管理画面のバージョンに戻ったら、左上にある 歯車マークをクリックしてください。

上図のとおり「サイトの設定」と言う項目がありますので、そちらをクリックしましょう。

step
3
使用するドメインを選択します。

Google Search console 登録・設定方法手順 11: wwwありもしくは、wwwなしのどちらを優先して使用するか、選択しましょう。

サイトの設定」の「使用するドメイン」の項目で、自分が優先したい ドメイン(wwwあり or www無し)を選択します。

当サイトの場合は、www無しのパターンを優先したいので、「URLを selfservice-homepage.com と表示」を選択し、保存します。

wwwありと、www無しのどっちを選べばいいのか悩んじゃう人もいるかもしれないけど、どっちでも変わらないから安心して、好みで選びましょう✨

重要なのは、サーチコンソールで、どっちのドメインパターンを優先するのか、Googleさんに報告することなんだ🎶

ターゲットとする国の設定

さぁ、次の設定は、「ターゲットとする国の設定」です。

サーチコンソール上では、インターナショナルターゲティングと表現されています。要するに、アナタのホームページが、どこの国の人たちに向けて、情報を提供しているのかを、Googleさんにお伝えする設定となります✨

当サイトは、もちろん日本人に向けて情報を発信しているので、日本をターゲットにしています!って伝えたいと思います。

あんまりいないとは思うけど、他の国をターゲットにしている人は、自分がターゲットとしている国を選択しましょう。

このターゲットとする国の設定も、新しくリニューアルされたサーチコンソールの管理画面からは見つからなかったので💦

引き続き、昔のバージョンの管理画面で設定を進めていきます。

step
1
インターナショナルターゲティングをクリック

Google Search console 登録・設定方法手順 12: 検索トラフィックの中にある、インターナショナルターゲティングをクリック

リニューアル前のサーチコンソールの管理画面 左サイドメニューで、「検索トラフィック」の中にある「インターナショナルターゲティング」を選択します。

step
2
国のタブを開きましょう。

Google Search console 登録・設定方法手順 14: 他のバージョンのURLだと、インターナショナルターゲティングが変更されていないので、こちらも念のため日本に変更

「インターナショナルターゲティング」の設定画面には、「言語」と「国」のタブがあるので、「」のタブをクリックしましょう。

step
3
チェックを入れて、日本を選択

Google Search console 登録・設定方法手順 13: 国のタブを開いて、ターゲットユーザーの地域を日本に変更

「インターナショナルターゲティング」の「国」のタブを開いたら、ターゲットユーザーの地域にチェックをいれると、セレクトボックスで 国が選択できるようになります。

日本人に向けて、情報を配信している人は、「日本」を選択しましょう。

優先するドメインの設定を完了しているから、問題ないとは思うんだけど、ディースケは、念のため、wwwありと、wwwなし、それぞれ設定してるぜ。

wwwなしのほうで、日本って設定しても、wwwありの方では、選択されていない状態になっちゃってるんだ💦

Googleアナリティクスとの連携

サーチコンソールの導入とあわせて、やっておきたい 4つの初期設定 最後は、Googleアナリティクスとの連携です✨

Googleアナリティクスと、サーチコンソールは何が違うの?でお伝えした通り、それぞれのツールは、提供されるデータが異なるんですが、この連携をしておくと…

なんと、サーチコンソールのデータが、アナリティクスでも見れるようになっちゃうのです🎶

アナリティクスや、サーチコンソールのデータを活用した、サイトの改善方法については、また今度記事を買いたいと思っているぜ。

すぐに使わないかもしれないけど、まずは連携しといてくれよ🎶

step
1
アナリティクスにログインし、管理をクリック

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 1 : アナリティクスにログインし、左サイドメニューから「管理」を選択

まずは、Googleアナリティクスにログインし、左サイドメニューの一番下にある「管理」をクリックしましょう。

step
2
プロパティの設定をクリック

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 2 : 管理画面にて、プロパティの設定を選択

Googleアナリティクスの管理画面が表示されたら、「プロパティ設定」をクリック

step
3
Search Consoleを調整 ボタンをクリック

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 3 : プロパティ設定の中の、Search Consoleを調整をクリック

プロパティ設定の項目で、下の方にスクロールしていくと、Search Consoleと言う項目があります。

search consoleを調整というボタンをクリックしましょう。

step
4
追加 のリンクをクリック

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 4 : Search Consoleの設定で、追加のリンクをクリック

Search Consoleの設定という画面が表示されます。

追加 というリンクをクリックしてください。新しいウィンドウで、step 5にある 設定画面が表示されます。

step
5
アナリティクスと連携させるURLを選択

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 5 : Search Consoleに登録されているサイト一覧が表示されるので、紐づけをするURLを選択し、保存をクリック

Googleアナリティクスで、Search Consoleのデータを使用する という画面が表示されます。

赤枠のところには、サーチコンソールに登録したURLが表示されますので、優先するドメインの設定で指定したURLにチェックを入れて、保存ボタンをクリックです🎶 当サイトの場合で言えば、https://selfservice-homepage.com の httpsで、www無しのURLを選択します。

step
6
関連付けの確認画面で OKをクリック

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 6 : 関連付けの追加 ポップアップが表示されるので、OKをクリック

関連付けの確認という画面で、上図の通り OKをクリックします。

これで、アナリティクスと、サーチコンソールの連携は完了✨

step
7
【確認】サーチコンソールにメッセージが届きます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 7 : アナリティクスとの連携が無事終了すると、サーチコンソールにメッセージが届きます。

Googleアナリティクスと、サーチコンソールの連携設定が完了すると、サーチコンソール側には、上図のようなメッセージが届きます。

あなたの選択したURL is now associated Google Analytics Property アナリティクスのプロパティ名 と言うタイトルです✨

step
8
【確認】アナリティクスでもリンクされているサイトが表示されます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携手順 8 : アナリティクスとサーチコンソールが関連付けられると、リンクされているサイトとして、表示されます。

また、サーチコンソールとの連携が完了した後、Googleアナリティクスに戻り、STEP 5の画面まで再度進んでみると…
上図のように、リンクされているサイトという項目に、先ほど選択した URLが表示されるようになります。

以上で、サーチコンソールの導入と、初期設定は完了ですー🎶お疲れ様でございました❕

Googleアナリティクスも、サーチコンソールも装備完了、WEB業者に頼らない、サイト運営ライフの始まりですな、社長w

次の講座
フリーランスと、WEB制作会社、ホームページを依頼するならドッチ?

もしかしたら、当サイトにお越し頂く前に、WEB制作業者にホームページ制作の見積もりを依頼した方もいるかもしれません… もしくは、まだ、自分で作ろうか、それともプロに依頼すべきか悩んでる方も… 自分でホ ...

メルマガ始めました!

産地直送
店舗集客アップに役立つ情報を、WEB業界からダイレクトにお届けする、ディースケのメールマガジン雨天決行は、もちろん無料です(笑)
ディースケが、WEB業界の現場から、店舗集客に役立つ情報を、お届けしちゃうWEBマガジン…
その名も"雨天決行"

雨が降ろうと、槍が降ろうと、頑張る社長さんのために、ブログじゃ言えない 訳ありノウハウや、お勧めツールなど、情報盛り沢山(予定)

無料登録はこちらから

-Googleサーチコンソール, SEO対策

Copyright© セルフサービスホームページ , 2019 All Rights Reserved.