キーワード選定

《検索意図の種類と考え方》購買プロセスを読み、成約率の高いワードを狙え!

投稿日:

これまでの講座で、何度もご説明をしてきたユーザーの検索意図を考えるお話…。

重要なのは分かったけど、さすがに聞き飽きたぜ!って人の方が多いかもしれません…💦

ただ、SEOで上位表示するためにも、売れるホームページを作るためにも、検索意図を読み解くことは、最も重要なポイント

この記事では、キーワードの裏側に潜む検索意図について、もう少し掘り下げたお話をしたいと思いますので、頑張ってついて来てください(笑)

分かってるよ。もう、耳タコだよな…💦

でも、もうちょっとの辛抱だから我慢してくれよ。
きっと、この講座を読んでもらったら、今後のホームページ作りを、どこから作りこむべきか、優先順位が見えるようになるからよ!

ディースケの購買プロセスを読み解いてみよう。

地域×業種キーワードは購買意欲が高いって記事で、ディースケが、「渋谷 税理士」と検索し、実際に、税理士さんとの契約に至ったとお話をしたかと思いますが…

ある日、思い立って、即断即決!そして、「渋谷 税理士」で検索したと思います?

いや、そりゃ無理だ。ディースケは、根っからの優柔不断だからな。

そうなんです… 残念ながら、そんな、男らしさは持ち合わせておらず、かなり長い事悩みました。

たぶん、かれこれ5年以上は…💦 で、悩み抜いた末に、最終的に「渋谷 税理士」と検索するに至った訳です💦

では、そこまでの過程に、どんな気持ちの変化があったのか、振り返って見たいと思います。ディースケの女々しさをご堪能ください(笑)

step
1
《潜在的ニーズ》個人事業主として

当時は、個人事業主としてお仕事を始めたばかり。まだ、売り上げも安定せず、とてもじゃないですが、税理士さんにお願いするなんて発想がありませんでした。

固定費 = 悪」「税理士=金持ちが雇うモノ」と言った思考が強く、「欲しがりません、勝つまでは!」と、唱えていた時期です(笑)
ただ、慣れない確定申告に戸惑いや、不安だらけ…💦

自分と同じように、個人事業主で白色申告を貫く先輩方々の力強い言葉に、励まされていた時期でもあります。

この時期に検索したキーワード

  • 個人事業主 確定申告
  • 個人事業主 確定申告 やり方
  • 個人事業主 税金いくら
  • 個人事業主 白色申告
  • 個人事業主 税理士いらない
お金が無かったから、選択肢も無かったけど、自分で確定申告するには不安はあったみたいだな。

税理士 いらないとか、自己肯定しようと必死だろ?

step
2
《ニーズの顕在化》白色申告に疑問の目を向ける…

自分での確定申告を、何度か経験し、白色申告にも慣れてきました。少しづつですが、お仕事も頂けるようになって、ちょっと気持ちにユトリが出てきた時期のことです。

妙に、自分が支払っている税金の額が気になる様になりました… 高過ぎやしないかと…💦

たいして稼げても無い。欲しいモノも満足に買えないのに…なんで、こんなにもっていくんだ?!

もしかして、白色申告が悪いのでは… 自力で、青色申告するのはハードルが高過ぎると悟るまで時間はかからず、少しづつ、税理士さんの存在がチラつくようになりました。

この時期に検索したキーワード

  • 個人事業主 税金 高い
  • 個人事業主 税金対策
  • 個人事業主 経費
  • 個人事業主 青色 メリット
  • 青色申告 自力
  • 税理士をつけるタイミング
青色申告は、早々と諦めたみたいだな…。

悶々とした状態で、こっから数年を過ごすことになるぜ。

step
3
《情報収集期》悩みの中で検索を繰り返す日々

白色申告に疑問を持ちながらも、時は流れます。自力で青色申告をすることは、とっくに諦め、「税理士さんにお願いをすべきか、否か」が論点として、情報収集に明け暮れました。

「今、税理士に頼むのは負けじゃないか? 」
「先生方は、いくらもっていくんだろう?」
「税理士の先生にお願いしたら、税金は安くなるのか… 」

メリットも、デメリットも知りたくてしょうがない時期です。

この時期に検索したキーワード

  • 個人事業主 税理士 相場
  • 個人事業主 税理士 いくら
  • 税理士 どこまでしてくれる
  • 税理士 メリット デメリット
  • 個人事業主 税理士の選び方
検索するキーワードもだいぶ具体的になってきたよな。

でも、まだ、問い合わせする勇気はないみたいだぜ。

step
4
《いざ行動へ》具体的に、条件を絞り、アクションを起こす。

もう、確定申告の期限に怯えるのも、税金がいくらになるのか悩むのもウンザリ!
数年の情報収集期間を経て、遂に、腹をくくります。

税理士さんにお願いしたら会いに行くことも増えると思うので、仕事で良く足を運ぶ「渋谷」で探すことに決定。渋谷であれば、IT会社も多いので、ネットビジネス強い先生もいるんじゃなかろうか…と。

ってことで、とうとう「渋谷 税理士」での検索に至るのでした(笑)

ちなみに、「地域×業種」キーワードでの検索だけでなく、ITや、お勧め2万円と言った、自分の希望条件を付け加えたキーワードでの検索や、税理士検索ポータルサイトなども覗いています。

この時期に検索したキーワード

キーワードから、買う気マンマンなのが透けて見えるぜ(笑)

しかも、ディースケの希望する条件も、丸裸じゃん。これ、条件が合致したら、確実に問い合わせするな。

step
5
《確認と決断》自分の判断は間違っていないのか?評判を探る…

渋谷 税理士」の検索で見つけた税理士の先生に問い合わせをし、面談を完了。

自分の条件に合い、候補に残った税理士事務所さんや、先生達の評判を血眼になって探しました(笑)

ディースケの嫌らしい面が思いっきり現れていますが、悪徳や、ボッタクリなど、悪評をあぶり出す検索ワードでも下調べしましたw

こういったプロセスを経て、最終的に、現在お願いしている税理士事務所さんと契約するに至りました。

この時期に検索したキーワード

  • 〇〇税理士事務所 評判
  • 〇〇税理士事務所 評価
  • 〇〇税理士事務所 口コミ
  • 〇〇税理士事務所 悪徳
  • 〇〇税理士 高い
  • 税理士 顧問料 4万円 高い
税理士さんとの契約は、電話・メールで進めたけど、ネット上で完結するビジネスだったら、ここら辺のキーワードでも購入・契約につながりそうだな。

購買意欲の高いキーワードを優先して、ホームページを作るべし。

さて、ディースケが税理士の先生と契約に至るまでの、心の動きと、各ステージで、実際に検索していた主なキーワードを挙げてみましたがいかがでしたでしょうか?

検索キーワードからも、購買意欲の変化を感じとって頂けましたでしょうか?

石橋を叩いて壊すレベルの小心者が故に、我ながら、かなり良いサンプルになれたんじゃないかと思ってるのですが…(笑)💦

で、ここで注目してい頂きたいのが、ディースケが税理士さんと契約しようと腹を決める前の、情報収集段階で使用していたキーワードについてです。

たぶん、「税理士と契約したいぜ!」って、税理士を探している人よりも、確定申告のやり方だったり、税理士さんに頼むメリット・デメリットを調べている人の方が、絶対数は圧倒的に多いはずです。きっと、検索ボリューム(検索回数)を調べれば、相当な差があると思いますが、購買意欲という観点で見た時はどうでしょう?

腹を決めた人が検索してくるキーワードと、情報収集をしている人が検索しているキーワードでは、成約率に大きな差が生まれるのは明白ですよね?

何が言いたいかと言うと、成約率の高いキーワードを狙えば、検索回数は少なくても、お金につながると言うことです。

Googleさんから評価を得るためには、関連する多様なニーズに応える必要があるので、SEOの観点で言えば情報提供も必要ですが、マネタイズの早いキーワードから優先していくのが賢い選択だと思うんです。だって、ビジネスですから(笑)

ずっと、腹が決まってない人に向けて、情報提供を繰り返してても、アシストばっかで、ゴールを決められないってことだもんな。

もちろん、情報収集段階であっても、"今が、ディースケにとって税理士にお願いする最良のタイミング" だと納得できる説明があり、求める条件に一致する 税理士さんのホームページを見つけていれば、検討していた可能性もあったと思いますが…

結果としては、情報収集の時は、情報収集までで終わり、最終的には、「渋谷 税理士」で検索し、問い合わせするに至った訳なので、戦略の一つとして考慮しておくべきかと思います。

キーワードの検索意図は、3つに分類される。

ディースケが税理士の先生を探していた時のことを具体例として、検索キーワードによって、目的や、購買意欲の違いがあることを知って頂きましたが、きっと、あなた自身も、似たような、検索行動をしたことがあるんじゃないかと思います。

実は、検索エンジンを利用する人が使用する検索キーワードは、大きく 以下の 3つに分類されると言われています。

  1. 取引型 ( トランザクショナルクエリ )
  2. 情報収集型 ( インフォメーショナルクエリ )
  3. 案内型 ( ナビゲーショナルクエリ )
トランザクショナルだとか、インフォメーションだとか、ややこしい専門用語は覚える必要ないぜ💦

WEB業界の奴らは、これをドヤ顔しながら話すわけだが、超分かりにくいので、「取引型」、「情報収集型」、「案内型」って言葉で、1つ1つ説明していくから安心してくれよ。

取引型キーワード(トランザクショナルクエリ)の特徴

まず、取引型のキーワードの特徴は、何かを購入する場合や、購入を見据えた比較検討をする際に使用されるキーワードです。

例えば、ディースケが税理士を探していた時に、使用したキーワード「渋谷 税理士」などは取引型の典型で、購入や契約を強く意識した検索行動と言えます。

検索される回数は、情報収集型に比べると少ないですが、成約率は高く見込め、検索者のニーズ・欲求が顕在化(表に出ている)しているのが特徴です。また、購入や、購入を前提とした比較検討のポイントがキーワードに明確に現れることがあります。

ただし、目的意識や検討ポイントが明確になっているため、検索キーワードと、コンテンツの関連性は強く求められます。

極端な例ですが、「渋谷 税理士」の検索結果に、北海道の税理士さんが表示されても、ユーザーからは見向きもされません。なぜなら、検索した人は、渋谷の税理士さんを探していますので💦

取引型のキーワード例(税理士編)

  • 渋谷 税理士
  • 渋谷 税理士事務所
  • 渋谷 税理士 ネットビジネス
  • 渋谷 税理士 2万円
  • 渋谷 会社設立 相談
こんなキーワードで、自分のホームページが上位表示できたら、笑いが止まらないよなw

あと一息で契約しちゃいそうな見込み客が、待ってるだけで、手に入るんだからよ。

情報収集型キーワード(インフォメーショナルクエリ)の特徴

情報収集型キーワードは、その名の通り、情報収集のために使われるキーワード。何かしらの方法を知りたい場合や、悩みを解決するための情報を得ることを目的としたキーワードです。

今回のディースケのケースを例で言えば、税理士さんにお願いしよう!と心に決める前段階で、
このまま白色申告を続けるより、税理士さんにお願いした方が良いのかな…?
税理士さんにお願いしたら、どのくらいの費用がかかるんだろう…?」と言った悩みを抱えていた訳です。

検索エンジンを利用する目的の大半は、自分の悩みを解決したい、自分の知らない情報を手に入れたいってことが中心のため、一般的に、情報収集型のキーワードは、検索される機会が非常に多く、また、キーワードも多岐に渡ります。

全く購買意欲が無い訳ではありませんが、まだ、購入・契約しようとしている段階ではなく、購入すべきか、否かを検討しているステージ。 成約率は、そこまで高く見込めませんが、潜在的なニーズは持っているので、検索者の背中を押す、説得力のある説明や、情報が提供できれば、成約につながる可能性もあります。

ただし、地域に根付く(商圏範囲が明確にある)ローカルビジネスを展開している場合、どんなに役立つ情報を提供できていたとしても、ユーザーが商圏範囲外であれば成約には至りません。

例えば、「税理士をつけるタイミング」と調べたディースケが、仮に 北海道の税理士さんの記事を読んで感銘を受け、「税理士にお願いするのは、今だ!」って購買意欲が高まったとしても、関東エリアに住んでいるディースケにとって、北海道の税理士さんは条件に合わないのです。

反対に、ネットショップや、通販など、ユーザーのいる場所に左右されず、インターネット上だけで取引が完結するビジネスであれば、かなり魅力的なキーワードとも言えます。

情報収集型のキーワード例(税理士編)

  • 税理士 メリット
  • 税理士 デメリット
  • 税理士の選び方 個人事業主
  • 税理士をつけるタイミング
  • 税理士 相場 個人事業主
  • 税理士 費用 相場
こういった情報収集型のキーワードで上位表示できたら、多くのアクセスが集められるってことだな。

また、ネットショップや、通販をしている人からすれば、積極的に狙っていくべきキーワードだと思うぜ。

案内型キーワード(ナビゲーショナルクエリ)の特徴

案内型キーワードとは、サイト名や、屋号、お店の名前、または、商品・サービス名など、ブランド名で検索してくるケースのことを言います。

過去に、WEBサイトに来てくれた人や、何かしら他の媒体でお店を知ってくれた人、または、過去に購入経験のあるリピーターさんなどに利用される検索キーワードです。

直接、ご指名を頂いている訳ですから、検索してくる時点で、競合他社との比較検討は済んでいると想定され、高い成約率が期待できるキーワードです。

ちなみに、MEO対策において、Googleが評価基準としている「知名度は、この、案内型キーワードの検索数も、判断材料の1つになっていると考えられています。

SEO対策や、MEO対策において、ご指名が増えることは、Goolgeの評価を高めることにもつながると考えられるので、店舗や、一定の商圏範囲を持つ社長さんは、今流行りの ラクスルの印刷+ポスティング代行 を使ったチラシ戦略をされる際は、「 〇〇で検索!」と、ご指名検索を増やすような工夫を凝らすのも、一石二鳥の戦略だと思います。

お店の名前で多くの人に検索されるってことは、人気があって、信用されてるサービスの証ってことだね。

案内型のキーワード例(税理士編)

ご指名検索を増やすためには、いろんなサイトで、自分のサイトを紹介してもらう事も必要ってことだ。

目指せ 0円集客!SEO効果も期待できちゃう無料掲載サイト32選!で、無料でお店紹介してくれるサイトをまとめてあるので、まだ登録済んでなければ、しっかりと登録しとこうぜ。

さぁ、キーワード選定は、ひとまずここまで。次の講座は、選んだキーワードを元に、ホームページの設計書を作るぞ!あとちょっと頑張って!

次の講座
1ページ1キーワードの法則で作る SEOに有利なサイト設計《実践編》

ここまでキーワード選定についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? 集客ホームページをつくるために、キーワード選定が、いかに重要な作業なのか、少しでも伝われば嬉しい限りです。 ただ、キーワー ...

メルマガ始めました!

産地直送
店舗集客アップに役立つ情報を、WEB業界からダイレクトにお届けする、ディースケのメールマガジン雨天決行は、もちろん無料です(笑)
ディースケが、WEB業界の現場から、店舗集客に役立つ情報を、お届けしちゃうWEBマガジン…
その名も"雨天決行"

雨が降ろうと、槍が降ろうと、頑張る社長さんのために、ブログじゃ言えない 訳ありノウハウや、お勧めツールなど、情報盛り沢山(予定)

無料登録はこちらから

-キーワード選定

Copyright© セルフサービスホームページ , 2019 All Rights Reserved.