ホームページの基礎知識 レンタルサーバー

ホームページのアップロード手順《FTPソフトの使い方》

投稿日:

ホームページの作成はいかがお進みでしょうか?

さぁ、本日は、待望のホームページ公開手順をご紹介したいと思います‼ ホームページを公開すれば、世界中の誰もが、アナタのホームページにアクセスできるようになります✨

ネット集客への第一歩を踏み出すわけですから、ワクワクが止まらないと思いますが、ココがゴールではありませんので、くれぐれもご留意を。

サイト公開は、あくまでもスタート地点ってこと忘れちゃダメだぜ。

とは言え、ここまで諦めずに、サイト公開までたどり着いたんだから自信をもっていきましょう🎶

ホームページを公開するのに必要な FTPソフト

ちなみに、ホームページの公開手順をご案内すると言っても、ここでご紹介する手順が必要なのは、ホームページ作成ソフト SIRIUSを使っている方のみです✨

WordPressや、Goopeや、wixなどホームページ作成サービスは、オンライン上で、ホームページを作成しているので、ここでご紹介する手順は必要ありません。

でも、SIRIUS以外を使ってるひとも、先々、FTPソフトを使う機会はあるから、覚えておいた方が良いぜ。

ただ、SIRIUSのようなホームページ作成ソフトは、作成されるホームページデータが、あなたのパソコンの中に作られていきます。

インターネット上で、みんなに見て貰えるようにするには、あなたのパソコン内にあるホームページのデータを、契約しているレンタルサーバーにアップロードする必要があるってことです🎶

ちなみに、アップロードとは、転送と言う意味ですね。

要するに、レンタルサーバーに、自分の作ったホームページデータを送れば良いってことか… とは言え、どうやって送ればいいのかな。

無料FTPソフト FileZillaをダウンロードしよう。

作成したホームページデータを、レンタルサーバーにアップロード(転送)するには、ファイル転送ソフトを使用します。

ファイル転送ソフトは、FTPソフトとも呼ばれます。この記事では、FTPソフトの中でも 人気が高く、無料で使えちゃう File Zilla(ファイルジラ)というツールを使った アップロード手順をご案内します✨

FTPソフトは、基本的にフリーソフトとしてインターネット上で配布されているから、お金の心配は無用だぜ✨

いろんな種類のFTPソフトがあるけど、FileZillaは、使い易くて多くの利用者がいるんだ✨

まずは、公式サイトで、FileZillaをダウンロードし、インストールと、起動するところまで進めてください🎶

下に、FileZillaダウンロードページへのリンクを貼っておくぜ🎶

FileZilla公式ダウンロードページはコチラ

公式サイトでダウンロード

FileZillaの設定方法

File Zillaをダウンロードし、無事にインストールして貰えましたでしょうか?

File Zillaだけでなく、どんなFTPソフトであっても、ダウンロード&インストールしただけでは機能しません。

FTPソフトで、レンタルサーバーにファイルを転送するためには、レンタルサーバーに接続するための必要情報を FileZillaに登録しなければいけないんです💦

FTPソフトの設定は、初心者さんにとって、躓きやすいポイントだったりしますが、ここからは手順に沿って進めて頂ければ大丈夫✨

落ち着いて、一つ一つ設定を進めていきましょうー🎶

step
1
サイトマネージャーボタンをクリック。

Filezillaの設定手順 1

FileZillaを起動させて、上図の画面が表示されたら、左上 赤枠で囲んだ サイトマネージャーボタンをクリックします。

step
2
新しいフォルダをクリック。

Filezillaの設定手順 2

上図のとおり、サイトマネージャーの設定画面が小ウィンドウで立ち上がります。

まずは、新規フォルダをクリックして、自分のサイト名入力しておきましょう。

step
3
新しいサイトをクリック。

Filezillaの設定手順 3

フォルダが作成されたら、今度は 新しいサイトをクリックします。

新しいサイトが選択された状態で、左側の設定項目に、レンタルサーバー情報を入力していきます。入力する内容は、STEP 4で解説します。

step
4
FTP情報入力画面を確認

Filezillaの設定手順 4

ホスト、ユーザー、パスワードは、契約しているレンタルサーバーによって異なります。

レンタルサーバーの管理画面から、適切な情報を入手し、入力しましょう。次のステップでは、ロリポップと、エックスサーバーで、FTP情報を確認する方法をご案内します🎶

FTP情報の入力項目説明

FileZilla FTP情報の設定項目
ホスト 入力内容は、次のステップで確認。
プロトコル FTP - ファイル転送プロトコルを選択。
暗号化 使用可能なら明示的な FTP over TLSを使用を選択。
ログオンの種類 通常」を選択。
ユーザー 入力内容は、次のステップで確認。
パスワード 入力内容は、次のステップで確認。

FTP情報を確認しよう

FileZillaの設定で入力が必要となる、ホスト、ユーザー、パスワード情報は、人それぞれ異なります。
だって、あなたのレンタルサーバーに誰もがアクセスできちゃったらマズいでしょ(笑)

ってことで、契約しているレンタルサーバーで、必要情報を取得してきましょう‼ もちろん、入手してきた情報は誰にも教えちゃダメですよ✨

ここでは、当サイトでご紹介しているレンタルサーバー ロリポップ と、 エックスサーバー での FTP情報の確認方法をご案内します✨

レンタルサーバーによって、表記が違ったりするから、けっこう分り難いんだよな💦

ロリポップのFTP情報を確認

step
1
ログイン後、アカウント情報をクリック。

ロリポップ FTP情報確認方法 1

ロリポップにログインし、左サイドメニューの ユーザー設定の中にある、「アカウント情報」をクリックします。

step
2
サーバー情報から、FileZillaに必要な情報を取得。

ロリポップ FTP情報確認方法 2

アカウント情報画面の中段過ぎに、上図のようなサーバー情報が表示されます。ここに記載されている情報を正確にコピーし、FileZillaのFTP設定画面内にペーストします。

どの情報を、FileZillaの設定項目に入力するかは、以下を確認してください。

ロリポップ版 FTP情報の入力項目説明

FileZilla FTP情報の設定項目
ホスト FTPサーバー or FTPSサーバーの記述内容
プロトコル FTP - ファイル転送プロトコルを選択。
暗号化 使用可能なら明示的な FTP over TLSを使用を選択。
ログオンの種類 通常」を選択。
ユーザー FTP・WebDAVアカウントの記述内容
パスワード FTP・WebDAVパスワードの記述内容

XserverのFTP情報を確認

step
1
設定対象ドメインを選択しましょう。

Xserver FTP情報確認方法1

Xserverにログイン後、左サイドメニュー 一番下の、設定対象ドメインを選択しましょう。

当サイトの場合は、selfservice-homepage.com となります。

step
2
FTPアカウント設定をクリック。

Xserver FTP情報確認方法2

対象ドメインが選択できたら、FTP項目の中にある「FTPアカウント設定」をクリックします。

step
3
FTPソフト設定タブを選択。

Xserver FTP情報確認方法3

FTPアカウント設定画面が表示されたら、上図の通り「FTPソフト設定」タブを選択します。

step
4
初期FTPアカウントの設定内容が表示されます。

Xserver FTP情報確認方法4

上図のように、初期FTPアカウントの設定内容が表示されます。ここに記載されている情報を正確にコピーし、FileZillaのFTP設定画面内にペーストします。

どの情報を、FileZillaの設定項目に入力するかは、以下を確認してください。(パスワードは、Xserverにログインする際に使用しているパスワードと同一です。)

Xserver版 FTP情報の入力項目説明

FileZilla FTP情報の設定項目
ホスト FTPサーバー(ホスト)名の記述内容
プロトコル FTP - ファイル転送プロトコルを選択。
暗号化 使用可能なら明示的な FTP over TLSを使用を選択。
ログオンの種類 通常」を選択。
ユーザー ユーザー名の記述内容
パスワード パスワードの記述内容参照

FTP接続後 FileZilla の操作説明

無事に、FTP接続情報はゲットして来れましたでしょうか?

ホスト、ユーザー、パスワードの情報が整ったら、FileZillaの設定方法 ステップ4 の以下画面まで戻って、情報を入力して接続をクリックするだけです✨

情報を入力して、接続をクリックしましょう。

Filezillaの設定手順 4
FTP情報が正しく入力できると、FileZillaが、あんたのレンタルサーバーにアクセスして、以下の画面みたいになるぜ。
Filezillaの設定手順 5

無事に、契約しているレンタルサーバーに FileZillaが接続できると、上図のような画面が表示されます。

初心者さんにとっては、分り難いかもしれませんが、画面左側が自分のパソコン内データを表し、画面左側が接続しているレンタルサーバーのデータを表示しています。

実は、File Zillaの扱いは、そこまで難しくありません✨

File Zillaの画面左側のレンタルサーバー画面に、アップロードしたいファイルを、ドラッグアンドドロップするだけで、レンタルサーバーへ転送が始まります🎶

注意点としては、ファイルを、アップロードするとき、アップロード先のフォルダの階層をちゃんと確認しましょう!

SIRIUSは、FTPソフトが搭載されている?!

ここまで、FTPソフト FileZillaの使い方についてご紹介してきましたが…

実はですね…。ホームページ作成ソフト SIRIUSには、FTPソフトが内蔵されているんです…💦

じゃぁ、なんで、File Zillaなんて、ややこしいソフトを紹介したんだよ!

SIRIUSに内蔵されてるなら、最初から、そっち教えろよ‼

わざわざ遠回りさせるようで、申し訳なかったですが、当サイト読者さんの中には、SIRIUSではなく、Wordpressや、wix、goopeなど、別のツールを使っている人もいらっしゃるので、FTPソフトをご紹介させて頂たんです💦

SIRIUSに内蔵されたFTPソフトであっても、File Zillaであっても、「ファイルを転送する」という結果に代わりはありませんので、どちらを使ってもOKです✨

SIRIUS恐るべし…だろ?
これが、最強のホームページ作成ソフトと呼ばれる所以だぜ。

ちょっと申し訳ないが、SIRIUSユーザーさんは、SIRIUSのFTPソフトを使っちゃった方が楽かもしれないな💦

SIRIUSの FTP接続設定方法

step
1
FTP接続をクリック。

ホームページ作成ソフト SIRIUSの FTP設定方法 1

SIRIUSに内臓されたFTPソフトを使うには、FileZillaと同様に、あなたのレンタルサーバーの情報を入力する必要があります。

SIRIUS上部メニューの 「設定」の中にある「FTP設定」をクリックしましょう。

step
2
接続先一覧で、新規設定をクリック。

ホームページ作成ソフト SIRIUSの FTP設定方法 2

「FTP設定」をクリックすると、上図のような、「FTP接続先一覧」画面が表示されます。右側にある「新規設定」ボタンをクリックしましょう。

ちなみに、FTP設定を済ませると、この一覧の中にレンタルサーバーのFTP情報が記録され、毎回情報を入力する必要はなくなります。

step
3
FTP情報を入力します。

ホームページ作成ソフト SIRIUSの FTP設定方法 3

File Zillaの時と同様に、レンタルサーバーから取得してきたFTP情報を、各項目に入力します。

「接続先の名前」は、任意でつけられます。レンタルサーバー名だとか、サイト名など、後々分かりやすい名前を付けておきましょう。

File Zillaより、ずっとシンプルで分かりやすいな…

step
4
FTP接続成功すると…

ホームページ作成ソフト SIRIUSの FTP設定方法 4

FTP情報が正しく入力され、レンタルサーバーと接続できると、上図のような画面が表示されます。

File Zillaと同じく、画面左側が、自分のパソコン内( Sirius内のデータ )で、画面右側が、レンタルサーバー内のデータが表示されます。

ファイルのアップロードも、File Zillaと同じくアップロードしたいファイルを、ドラッグアンドドロップすれば転送が始まります。

次の講座は、Googleタグマネージャーって管理ツールを紹介するぜ。

実は、絶対必須のツールじゃないんだけど… 将来入れといて良かったって思えるツールかな…。

FTPソフトの導入で、ちょっと、疲れちゃったよ…って人も、もうちょい頑張ろうな💦

次の講座
【初心者向け】Googleタグマネージャー(GTM)の登録・設定方法

本日は、「Googleタグマネージャー」というGoogleが無料で提供しているツールについて、ご説明したいと思います。 Googleタグマネージャーは、どちらかと言うと、中級者向けのツール…プロのWE ...

メルマガ始めました!

産地直送
店舗集客アップに役立つ情報を、WEB業界からダイレクトにお届けする、ディースケのメールマガジン雨天決行は、もちろん無料です(笑)
ディースケが、WEB業界の現場から、店舗集客に役立つ情報を、お届けしちゃうWEBマガジン…
その名も"雨天決行"

雨が降ろうと、槍が降ろうと、頑張る社長さんのために、ブログじゃ言えない 訳ありノウハウや、お勧めツールなど、情報盛り沢山(予定)

無料登録はこちらから

-ホームページの基礎知識, レンタルサーバー

Copyright© セルフサービスホームページ , 2019 All Rights Reserved.